中嶋勝彦のダイヤモンドボム

中嶋勝彦の必殺技としては、バーティカルスパイクや 今は余りフィニッシュに使用されなくなったツイスターがありますが、ヘビー級に転向してからの中嶋が得意としているのは、いずれも垂直落下式ブレーンバスター系の技。

 

その中嶋が奥の手として、滅多に見せる事のない垂直落下式ブレーンバスターが、もう一つあります。

ダイヤモンドボム

両肩の上に、相手をうつ伏せに担ぎ上げ 相手の両足を跳ね上げながら垂直落下式ブレーンバスターの体勢に移行して 脳天からマットに突き刺す技。

 

2014年の丸藤正道とのGHC戦の前哨戦で初披露し、いきなり王者からフォール勝ちを収めており、中嶋の新必殺技の一大アピールとなった訳ですが、まあ業界の例にもれず、前哨戦で勝った方が本番のタイトルマッチでは、負けてしまうと言うジンクスを見事に体現してしまった訳で・・・

それはさておき ダイヤモンドボムは、中嶋の垂直落下式ブレーンバスター系の技でも最も見せる事の少ないレア技です。

 

今でもここ一番の場面 N-1の決勝等の大舞台では、フィニッシュとして繰り出される事も有り 中嶋の奥の手として使われる事の多い技ですが、滅多に見せない技があるのは、やはりここ一番では強いですね。

ですが個人的な感想としては、中嶋のメインフィニッシュは、バーティカルスパイクじゃなく ダイヤモンドボムをメインにすべきだったと思います。

”奥の手”と言う扱いじゃなくてね。

 

バーティカルスパイクって 溜めや落とし方に本人なりの拘りが有るとしても まぁ言っちゃえば、普通の垂直落下式ブレーンバスターですよね。

それならば落とし方に、オリジナリティがあるダイヤモンドボムを必殺技にした方が、中嶋のオリジナリティを表現出来たと思うんですけどね。

まぁ厳密に言うと中嶋の初公開当時から、同型の技は既にあったので、完全なオリジナルと言う訳では無いのですが、それでもNOAHにおいては中嶋のオリジナルになるので、見慣れた普通の垂直落下式ブレーンバスターよりは、良かったんじゃないかな…とは思うんですけどね。

 

それにしても このネーミングに関しては、中嶋が所属していたダイヤモンドリングを背負っているからこそのダイヤモンドボムと言うネーミングなのかも知れませんが、字面だけ見ると どう見てもボム系の技にしか見えないんですよね。

何で”ボム”に、しちゃったんだろう?