拳王のP・F・S

拳王と言うレスラーは嫌いではありません。

試合内容も一定のレベルを常に保ってるし、バチバチ熱いし、話題の提供に情報発信など、常にプロレスの事に頭を使っている印象なので、むしろレスラーとして評価している方です。

 

しかし拳王で、どうしても好きになれないと言うか、嫌いな部分が一つだけあります。

本当に個人的な好き嫌いで、申し訳ないんですが、それはP・F・Sを必殺技にしている事。

P・F・S=プロフェッショナル·フット·スタンプ

早い話が単なるフットスタンプなのですが、それを必殺技にしていると言う事だけが、どうにも好きになれない部分です。

 

フットスタンプと言うのは、コーナーから飛び降りて相手を踏みつけるだけの技で、ぶっちゃけ誰でも出来る技です。

それこそ武藤敬司に言わせれば「幼稚園児でも出来る技」。

まぁ破壊力の方はさておき、プロレス技としては、簡単な部類で素人でも真似の出来る技なのは間違いありません。

単純な技ゆえに、プロレス技なんて受けた事の無い素人でも痛みの伝わりやすい技と言う点では、優れた技ではあるんですが、拳王ほどのレスラーがフットスタンプを必殺技にしてると言う部分が不満・・・と言うか勿体ない部分だと思ってしまいます。

 

拳王が最も得意としているのは、日本拳法をベースにした打撃技。

NOAHでは中島勝彦と並ぶストライカーです。 何なら日本プロレス界でもトップクラスに位置する打撃の技術を持った選手だと思ってます。

 

その拳王が、ただ踏みつけるだけの技を必殺技にしているのは、余りにも勿体無く思う訳で、敢えて技名にプロフェッショナルとつけている辺りは、他人には分からない拘りが有るんでしょうが、それでも せっかくの優れた技術を必殺技に据えて欲しかったと言うのが正直な所です。

蹴り技で言うなら、拳王には蹴暴という技も有るし、何度かフィニッシュにした事も有るハイキックだってあります。

個人的には、ここいらを必殺技にして欲しかった様な気がするんですが・・・

 

仮に蹴りに拘らないにしても、羅喉は相手を選ぶからともかくとして、かつてKENTAからフォールを奪ったドラゴンスープレックスだってあるんで、何もフットスタンプに拘る必要は、本当に無いと思うんですよね。

 

出来る事なら やはり拳王が持つ優れた技術を活用した技を必殺技にして欲しいんですが、何を必殺技にするにしても フットスタンプだけは、拳王ほどの選手が必殺技しにちゃうのは、微妙な感じです。

中途半端な技よりは、断然 痛そうではあるんですけどね・・・