新日vsノア過去の戦績

新日本プロレスvsNOAHが、発表されてからと言う物は多くのファンが色々な想像を膨らませ、まだまだ話題はつきませんが試合内容もさることながら、同様に気になるのは勝敗の行方でしょう。

時の運や 当時の勢いに左右されることも多く、5年前の交流から大きく成長した選手も居れば、残念ながら衰えてしまった選手も居ます。

 

今回の対抗戦はカードはまだ未発表ですが、対抗戦の勝敗を考えるに当たって、どこまで参考になるかは分かりませんが、トップ選手同士の過去の対戦成績をまとめてみました。

あくまで当時の新日とNOAHに所属か、もしくは専属フリーに近い形での対戦のみをまとめています。(若手は除く)

 

調べれる範囲での記録と 頼りにならない記憶を元に作っているので、多少の漏れは有るかもしれませんが、見て見ぬふりをしてやってください(笑)

 

棚橋弘至
2003○丸藤(ドラゴンスープレックス)
2012●丸藤(タイガーフロウジョン)
2012○丸藤(ハイフライフロー)
2016○丸藤(ハイフライフロー)
2009○杉浦(ハイフライフロー)
2010○潮崎(ハイフライフロー)
2010●潮崎(ゴーフラッシャー)
オカダ・カズチカ
2016●丸藤(ポールシフト式エメラルドフロウジョン)
2016○丸藤(レインメーカー)
内藤哲也
2016○中嶋(デスティーノ)
後藤洋央紀
2016○丸藤(GTR)
2009●杉浦(オリンピック予選スラム)
2009●杉浦(雪崩式オリンピック予選スラム)
2010●杉浦(アンクルホールド)
2012○杉浦(昇天・改)
2010●潮崎(ゴーフラッシャー)
真壁刀義
2016○丸藤(不知火)
2016●丸藤(キングコングニードロップ)
2009○杉浦(キングコングニードロップ)
2010●杉浦(雪崩式オリンピック予選スラム)
2010○潮崎(キングコングニードロップ)
2010○ヨネ(キングコングニードロップ)
EVIL
2016●中嶋(バーティカルスパイク)
SANADA
2016●丸藤(不知火)
石井智宏
2016○丸藤(垂直落下式ブレーンバスター)
YOSHI-HASHI
20016○中嶋(カルマ)
本間朋晃
2016●中嶋(バーティカルスパイク)
高橋裕二郎
2012●丸藤(タイガーフロウジョン)
矢野通
2012○丸藤(裏霞)
2016●中嶋(バーティカルスパイク)
2016○中嶋(赤霧)
2016○谷口(赤霧)
2016○彰俊(赤霧)
2016●ヨネ(首固め)
永田裕志
2012○丸藤(バックドロップホールド)
2013○丸藤(バックドロップホールド)
2014●丸藤(ポールシフト式エメラルドフロウジョン)
2016△丸藤(時間切れ引き分け)
2009△杉浦(時間切れ引き分け)
2013●杉浦(オリンピック予選スラム)
2014○杉浦(バックドロップホールド)
2014○杉浦(バックドロップホールド)
2010○潮崎(バックドロップホールド)
2012○潮崎(バックドロップホールド)
2016●中嶋(バーティカルスパイク)
2013●谷口(マイバッハプレス)
2014●谷口(マイバッハプレス)
2014○谷口(バックドロップホールド)
2012●ヨネ(筋肉バスター)
2014●ヨネ(筋肉バスター)
2014○ヨネ(バックドロップホールド)
2013○彰俊(バックドロップホールド)
天山広吉
2016●丸藤(不知火)
2009○杉浦(アナコンダバイス)
小島聡
2012●丸藤(ウラカンラナ)
2012○丸藤(ラリアット)
2014●丸藤(ポールシフト式エメラルドフロウジョン)
2015○丸藤(ラリアット)
2015●杉浦(オリンピック予選スラム)
2010○潮崎(ラリアット)
2014○中嶋(ラリアット)
2010○ヨネ(ラリアット)
2014●彰俊(スイクルデス)
鈴木みのる
2015○丸藤(ゴッチ式パイルドライバー)
2015○丸藤(ゴッチ式パイルドライバー)
2016●丸藤(ポールシフト式エメラルドフロウジョン)
2015○杉浦(ゴッチ式パイルドライバー)
2016●杉浦(雪崩式オリンピック予選スラム)
2016○潮崎(ゴッチ式パイルドライバー)
2015○中嶋(ゴッチ式パイルドライバー)
2016●中嶋(バーティカルスパイク)
2016○中嶋(ゴッチ式パイルドライバー)
2016●中嶋(バーティカルスパイク)
2015○谷口(ゴッチ式パイルドライバー)
2016○谷口(ゴッチ式パイルドライバー)
2015○ヨネ(ゴッチ式パイルドライバー)
2015○北宮(ゴッチ式パイルドライバー)
2016○北宮(ゴッチ式パイルドライバー)
2016○彰俊(ゴッチ式パイルドライバー)

取り敢えずヘビー級のみ戦績表ですが、意外な対戦も実現済みで面白いですね。

永田や鈴木は、GHCを獲って無双していた時代があったので、NOAH相手に白星が多いですが、月日は流れ2人の現在の新日本内での立ち位置を考えると、少し悲しい物があります。2人ともコンディションは若い選手に負けてないのに・・・

 

鈴木に関しては、2011年からの鈴木軍として新日本に侵攻して来てからのデータですが、今回の対抗戦ではどんなポジションで闘うのかも気になる所。 かつて暴れまわったNOAHの選手達との再会も楽しみです。

 YOSHIが現GHCヘビー級王者の中嶋に勝っているのも、今考えると凄い事です。 YOSHIには悪いですが、今あの時の再戦をやれば100%負けるでしょうね(汗)

 

どの対戦も今やったら、どうなるのか・・・と言う楽しみがありますが、5年前に交流が有った時代には、清宮海斗はまだまだ一介の若手で、戦力にはならないレベルでしたが、現在は大きく成長してNOAHの中心選手にまでなっています。

この清宮の存在が、今の新日本側にどう映るのか・・・?

その部分に物凄い興味があります。

 

あと一ヶ月少しで、いよいよ始まる新日本vsNOAH

楽しみ過ぎます!!