武藤と桜庭で作るプロレス新時代

NOAHが、19日に配信する「ノアTVマッチ」

これに出場するのが、最近NOAHに上がる事もあった桜庭和志とW-1解散後フリーとなった武藤敬司。

 

対戦カードについては、当日発表と言う事で、両者の絡みがあるかどうかも分からない状態ですが、両者供にお互いの事を意識している様子。 

供に一時代を築いたレスラーで、様々なリングに参戦した事が有りますが、過去に絡みは一度も無しと言う正にドリームカード。

 

1995年の新日本vsUインターとの対抗戦でも只の一度も絡んだ事は、無い筈です。

当時の武藤は、既にIWGP王者で高田を撃破したバリバリのトップ

一方の桜庭は、まだデビュー間もなく下から2番目の序列で、対抗戦では、もっぱら毎日ヤングライオンと闘っていたので、武藤と絡める様なポジションでも無かったのです。

 

桜庭が頭角を現したのは1999年

総合格闘技で、グレイシー狩りを果たし一躍時の人なりました。

その後 主戦場とするリングが違った為に、お互いにレジェンドと呼ばれる様になった現在まで、一度も肌を合わせた事はありませんでした。

 

それが今回NOAHで、対戦する可能性も有ると言う事で、注目をされている訳ですが、試合はコロナの感染拡大を防ぐ為に、勿論 無観客試合となります。 

武藤は観客の居ない無観客試合を苦手とするも 観客が居ないからこそ出来るプロレスもあると意欲満々。 

極端な例ですが潮崎vs藤田が、無観客だからこそ出来た試合展開ですよね。

 

「昭和のプロレスこそ無観客に映える試合」

桜庭の言葉ですが、無観客試合をテレビやPCモニター越しに観るには、藤原喜明や木戸修の様な試合こそ映えるのだそうです。

と言うのも脇固めなどの派手じゃない技でも、無観客ならカメラマンももっと接近して撮影する事が出来るので、関節技などの細かい部分でも分かると言う事だそうです。

観客の邪魔にならないので、カメラマンがそれこそエプロンサイドにまで上がって来れる訳で、今まで以上に臨場感のある試合を撮る事が出来る訳ですね。

 

なるほど

確かにそういう見方も出来ますね。

今まで無観客試合は、盛り上がらないと言うマイナス面ばかり見ていましたが、そういう利点があったのは、盲点でした。

さすがIQレスラー 桜庭和志。

 

武藤と桜庭が作るプロレスの新しい見せ方

これが共通しての目標で、こんな非常時だからこそ普段とは違う無観客試合 ネットやTVで観る新時代のプロレスを構築していく為に、様々な事を考えているらしいです。

 

かつて2001年に、武藤vs馳でやった30分近いグラウンドの試合も当時は批判されましたが、今ならアリかも知れません。

 

桜庭の総合格闘技テクニックに、武藤がどう対応するのか?

武藤の超一流のプロレスに、桜庭がどこまで対応するのか?

他に「あっ」と驚く仕掛けが有るかも知れません。

 

それを表情などの細かい所まで見れるのは面白そうです。

プロレスの天才と IQレスラー

この2人が、どんな作品を作り出すのか楽しみで仕方ありません。

 

 

ここまで長々と書いておきながらカードは当日発表なので、両者が絡むかどうかも分かりませんが、全てはNOAH次第です。

 

NOAHさん 頼みますよ~~

武藤vs桜庭

タッグでも良いので組んで下さい!