永田裕志が全日本継続参戦の意思。狙うは宮原の首

永田裕志のチャレンジは、まだまだ終わりそうもありません。

今年の永田は、外にも目を向けて全日本プロレスに参戦する機会も多くなっていましたが、全日本の看板シリーズの一つである王道トーナメントにも出場を果たし、ベスト4の好成績を残しています。

 

ヨシタツ、芦野翔太郎と全日本でもバリバリやっている自分よりも若い選手を撃破しての準決勝進出は、見事でしたが、トーナメントへの挑戦も終わった事で永田の全日本参戦は、一区切り・・・そう思っていましたが、永田はまだまだ燃え尽きていませんでした。

 

全日本プロレスへの継続参戦を表明したのです。

 

勿論 全日本サイドからのオファーがあったからこそなのは、間違いないですが、全日本としてもまだ永田を必要としていると言う事。

そして永田自身の野心もまだまだ燃え滾っていると言う事。

 

と言うのも永田には取らねばならない首があるから。

それが全日本のエース・宮原健斗

王道トーナメントで永田が敗れたのは、宮原であり掟破りの「ゼアッ」からの首固めで敗れると言う 永田からすれば屈辱的とも言える負け方。

 

「強いですよ。ここの柱だけあって。俺的には宮原に優勝してほしい。まずは宮原を倒して3冠も取りたい」

この永田の発言から分かる事は、丸め込みで敗れたとは言え、永田は宮原の実力を高く評価していると言う事。

その上で宮原に王道トーナメントを優勝して貰って更に美味しい存在になって貰ってから、自分が美味しく頂こうと言う算段なのだと思います。

 

その永田の思惑通りに、宮原は王道トーナメントを優勝。

更に、宮原は諏訪魔の持つ三冠ヘビー級王座への挑戦も決まっており、もし宮原が三冠を獲れば、永田にとっては宮原へのリベンジと三冠奪取を同時に達成出来る事になるかも知れないので、永田としても大きなモチベーションになっているでしょう。

 

やはり永田は、こうでなくてはいけません。

常に闘魂三銃士に牙を向き、後ろ足で砂を掛けて退団した佐々木健介の出戻りに先陣切って立ち向かったり、棚橋・中邑の踏み台なれと言った当時の社長に反発したり、永田はやはりギラギラしている時が、一番カッコいいです。

後輩の為にG1クライマックスから身を引いたり、第一線から退き前座で試合をしたりする永田には、正直不満だらけだったので、他団体とは言え永田がトップに食い込んでくるのは嬉しい限り。

 

まぁ全日本に継続参戦したとしても、宮原が三冠王者になったとしても、リベンジの機会が与えられるかどうかは別問題な訳ですが、普段の闘いで宮原に再戦を認めさせるしか方法はないでしょうね。

全日本プロレスでの永田裕志の闘いに注目です。